ハンドマッサージとマシーン2つの施術の違いやメリット・デメリット

ハンドマッサージ

痩身エステの施術内容は主にハンドマッサージと美容マシーンをしよする機器施術に分けられます。

ハンドマッサージとは、手業によるマッサージにてリンパ管の流れを活性化させ老廃物の流れを良くしたうえで代謝を上げます。代謝が上がることにより、運動時に効率よくエネルギーを消費しエネルギーを筋肉に変えたり、たまっている疲れを取り去ることができます。

一方で美容マシーンによる施術についてですが、吸入器によるカッピングが有名でこれは痩せたい部分に吸入器を当て真空状態にすることでリンパや血管を刺激し代謝を早めることができるという施術法です。

代謝が上がることにより利点としてハンドマッサージと同じように運動時のエネルギー消費によるエネルギーを効率的に筋肉へと変えることができ、余分な脂肪を落としやすくなります。マシーン施術はこのほかにもあり様々な方法で施術を行います。

ハンドマッサージのメリットとデメリット

ハンドマッサージには利点としては、誰にでも行うことができるという利点があり腕の良いエステティシャンであればすぐにでもリンパを刺激し血管をも刺激することが可能で代謝を上げることができます。

ですがデメリットは手業であるため正確にリンパの位置を把握したうえでマッサージをする必要性があり、腕前が評価となりやすいです。つまり、腕の悪い施術師の方が担当した場合、短期間で効果を表すことも無いということです。

ハンドマッサージは、効果が表れるのが早いという利点もありますが腕によるということです。

マシーン施術の種類、メリットとデメリット

マシーン施術ですが、吸引によるカッピングは利点としては、機器がリンパを刺激するため施術師の腕に関係なく回数を重ねることで効果を表す点です。

ハンドマッサージと異なり、腕前に関係なく効果が表れるというのが利点ですが、デメリットとしては吸引するという性質上、カップ状の跡が痩せたい部分当てた場合カップ跡ができます。カップ跡は回数を重ねていくことで後が残りにくくなりますが、リンパが刺激されていない初期の施術においては痕が消えにくいというデメリットがあります。

安全性についてはハンドマッサージと変わらないため、安全ですが痕が残るのが気になるという方には向かないです。

この他には電気式施術というものがあります。仕組みとしては、電極となるパッドを体に張り付け電気を流すことで電気刺激となりリンパや血管を刺激することができより深いリンパや血管が刺激できます。

ハンドマッサージの施術をより深く行っているものであると考えると分りやすく、利点としてはより深く代謝を上げることができますが難点としては電気刺激による痛みを伴う可能性と、機械の性能差が出ることです。

美容エステでは免許が必要な痩身エステもある

上記の施術は特に免許を必要としていない施術法ですが、免許を必要とする施術を行う痩身エステもあります。
美容エステやクリニックというもので鍼治療による痩身エステがあります。

仕組みとしては、東洋医学の鍼治療でリンパを刺激したり血管を刺激するため電気マッサージの様に効果的に代謝を上げることができるのが特徴です。

しかし、難点もあり施術を行う施術師の力量により効果が変化する点と、未だ人体のツボを押す施術であるという性質上、何故そうなるのかという部分が分からずブラックボックス的な要素がある点です。

こちらをさらに効果的にしたものが電気針治療。こちらは鍼に電気を流すことでツボを刺激するパワーを上げることができるという施術で本来は弱った筋肉を刺激する治療で使用しますが、美容に転向した施術法です。
利点は鍼刺激をより効果的にしたうえで即効性がありますが、難点は強い痛みがあるのが難点です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ